リバウンドの対策に役立つ食事内容について

ダイエットの方法によってはリバウンドしてしまう可能性が高くなるので、体重が元に戻ってしまうことが無いように予め対策を取っておくことが大切です。
リバウンドが起きやすいダイエットとは、食事量を減らしすぎたり、激しい運動を続けるようなダイエット方法です。
極端に食事制限してしまうと、体が危険な状態に陥っていると判断して、ホメオスタシスと呼ばれる体の防衛機能が働きはじめます。
ホメオスタシスが働くと、最大限のカロリーを吸収しつつ最小限のカロリーで生きることができる体質になってしまいます。
ダイエットによって体がこの状態になってしまうと、いくら摂取カロリーを制限した所で、ほとんどダイエット効果が出なくなってしまいます。
人体は、生命維持活動を行うために栄養やカロリーを必要としていますが、十分な栄養が補給されなくなると、代謝を低くしてそれに対応しようとします。
ホメオスタシス効果は急激に栄養摂取の状態が変化すると働きやすく、変化が緩やかな場合は働きにくい特徴があります。
ダイエットに取り組む時は、体への負荷が大きいような方法ではなく、少しずつ体重を減らしていけるようなやり方が効果を発揮するものです。
急激に体脂肪が減ってしまうとホメオスタシスが働き、リバウンドしやすくなります。
ホメオスタシス効果は人間の体に備わっているものなので無くすことは出来ません。
食事内容を変えて、急激に体脂肪を減らすのではなく、緩やかに減らすことで、ホメオスタシス効果を働かせずに、体脂肪を減らすことができます。
ダイエット効果を急ぐあまり、現体重の5%以上の体重を1カ月で減らしてしまうようなダイエット方法を実践していると、結果的にリバウンドが起きやすくなってしまうことがあります。

iPhoneSEの予約